小さなお店の価格の決め方セミナー2019.3.25

なぜ価格の話?

価格決定の残念な一面でもあり、多くの店長さんがしているのは次のような方法でした。
・他のお店がこの価格だから
・定価だから
・昔からこの値段です
・仕入れ先のアドバイスです
・特に気にしたことはなかったです
価格はいくらが正解ということはありませんが、この5つの方法については、店長さんの思考や判断が全く入っていないということに疑問を感じます。

価格の決め方を考える場面が無い

そんな現実も、価格の決め方を考える場面が無いことが原因だと感じます。
お店や会社のお金の話と言えば、資金繰りや会計のことばかりで、価格の話は目にすることがありません。
そこで、私がお金の話をするのは場違いすが、販売促進から考える価格について考える機会になればと思います。
価格を見直ししたことで、今日の仕事にも困っていた店長さんが、1年先まで受注が埋まりました。
考えられた価格で起業した店長さんが、1年目からダントツの成績を残したこともありました。
是非、価格を自分で考えて決めるというプロセスに挑戦してみてください。

セミナーの主な内容

◆価格決定の3ステップ
なんとなく~原価から~お客様の喜びから
◆考えられる最高額から提示する
それが適正価格かもしれない
◆値上げしたら売れなくなるのでは?
価格で去るお客様より来るお客様
◆一人のお客様の生涯利益を計算しよう
1回100円の利益より100回300円の利益

価格を検討してみると安すぎが9割!?

原価を計算したら既にトントン
これじゃ売っても売っても
利益が残る筈がない・・・
それがわかっても、価格の見直しができないのは販売促進を知らないからなのですよね。
①その商品の販売をやめる
②その商品の喜びを知ってもらう
③その喜びを知る人を集める
④最高値のまま安くする方法
このような判断が出来るようになりましょう。

参加された方は次のようなことがわかります

◆価格は自分の意思で決められること。
◆考えられた価格と、現実の価格のギャップを埋めていく方法。
◆考えられた価格で売ると、良質なクチコミが発生する理由。
◆正しい価格で販売するために必要な、お客様の喜びを発見する。

セミナーの詳細ご案内

日時 2019年3月25日 18時30分~20時30分
会費 3,000円 ※下記参照
会場 職人ビレッジ 栃木県那須塩原市三区町659−1
※参加者様でパソコン等の準備は必要ありません、筆記具はご持参ください。

職人ビレッジについて

職人ビレッジは栃木県のビジネスプランコンテストで表彰を受けた、職人Village構想の拠点となる施設です。 職人Village構想~ビジネスプランコンテスト:詳細はこちら

今回の会場は、寒い時期なので炬燵もある、和やかな雰囲気です、お気軽にご参加ください。
写真は2月に行われた小さなお店のワードプレスセミナーの様子です。
参加者の皆様に書いていただいたアンケートの一部を、集計してご紹介させていただきます。
◇ベースは相手目線であること
◇自分で勉強できなかったので気軽に参加できるセミナーはありがたい
◇一番アピールしたいことが見えるように
◇興味を持ってもらうのは難易度が高い
◇SEO対策も変わってきている
◇プラグインが簡単に使えることがわかりました
◇インスタからの自動投稿
◇ホームページ、ブログ、SNS一つ一つのイメージがわかり、どう向き合うかの参考になった。
◇失敗談のSNS投稿
◇大見出し、中見出しの指定。
◇アイキャッチ画像の設定
◇自動に見出しが作られること

参加費実質無料になるプレゼント

参加者さん全員に、下記のいずれかをプレゼントさせていただきます。
【1】日本販売促進サポートに作成や作業をご依頼時に使える3000円割引券。
【2】3000円のビデオセミナー無料受講券。

セミナーのご案内チラシです

お申し込みはこちらからどうぞ

[contact-form-7 404 "Not Found"]