小売店の売り場作り
私が販売促進に強く惹かれたのは売り場作りの面白さがきっかけでした。スーパーマーケットのアルバイトだった時に、いくつもの大きなセールが同時に行われる特別な週に、社員さんの手が足りなくて一つのコーナーを任されました。そこが、あるメーカーが主催する売場コンテストを兼ねていたとは後で知らされました。

スーパー本部の部長は99%小言を言っている感じの方でしたが、出来上がった売場の前で「いいじゃないか、面白いぞ!」と珍しく褒めてくれたことを覚えています。社員さんが作ると、自分の部門の商品で作るじゃないですか、でも、私はアルバイトでほとんどの部門を手伝っていたので、関連商品などをあちこちの部門から借りて来て作りあげたので、ある意味、社員さんには作りにくい売り場だったと思います。

アルバイトだったので、細かい数字までは知らされませんでしたが、予算を大幅に上回り、後日、メーカーから上位入賞の連絡をいただきました。

そんな売り場を作ることが出来たのも、エンド(商品棚の両端の目立つ部分)の作り方を教えてくれた店長、日々が勝負の日配品売り場のパート社員さん、品数が限られた精肉部でも飽きさせない売り場展開を教えてくれたチーフ、メリハリの大切さを教えてくれたバイヤー、何でも協力してくれた販促企画部・・・、優秀な先輩方がアルバイトの私に惜しみなく教えてくれたという稀にみる環境があったからです。

その後も、売り場を作ることで、2倍~3倍は当然、時には10倍~100倍と売上ることが出来たり、メーカーや問屋さんから賞をいただくことも複数ありました。

小さなお店の販売促進は売り場作りから

売り場作りで売上は作れるものだと思っていたのですが・・・

スーパーを退社し、販売促進関連で独立した後に、個人商店などを回ってみて驚きました。

スーパーの方が売上は多いけれど、売り場にいるのは雇われている社員じゃないですか、その道一筋で店長とも社長とも呼ばれる個人のお店の方の方が売ることには長けていると思っていたのです。

しかし、売り場作りや販売促進に一度も興味を持ったことがないという人の方が多く、何かを仕掛けて売上を作る作業は想像もできないことだと言うのです。

もし、あなたもそうであれば、一緒に売り場作りをしてみませんか?

小売店の販売促進

販売促進を上手にこなすことよりも、売れる売り場を作ることが先なのです。

「運よくテレビや新聞で紹介されても、一時だけドカッとお客様が押し寄せ、2~3日で元通りだ」そんな話を聞いた事がありませんか?

それは、テレビや新聞が悪いわけではありません、ドカッと集客できたのだから効果は十分にあったのです。2~3日でお客様がいなくなってしまったのは、売り場が出来ていなかったからですよ。

日本販売促進サポートのホームページ作成部がおススメする作成コース「売上を作るためのホームページ」が、売り場作りから始まる理由はこれなのです。

ホームページやチラシ作りだけが、小さなお店の販売促進ではありません、売り場作りから見直してみませんか? お店の特徴と現状に合わせて作業させていただきますので、まずはお問合せ下さい。

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
メールアドレス (必須)
御社名 (必須)
電話番号 (必須)
お問い合わせ内容 (必須)

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか? (必須)
はい