ブログを続けてきた仲間同士の話題

長いことブログを

書いてきた人が集まると

必ずと言っていいほど出る話がある

・初対面でも昔から知っていた人のよう

・古い投稿を見てOOOしてくれた

 

初対面でも昔から知っていた人のよう

この効果は最近のFacebookなどで

感じている方も多いようですね

私は1998年でした

趣味のスキー関連のページを開設していて

お知らせに

O月O日の草津大会を見に行きます

そう書いただけで

何人もの人が集まってきて

東北道方面からのご一行完成

乗り合わせて行ったメンバーは

みんな初対面でしたが

学生の同級会と同じノリ

インターネットの可能性を感じました

 

その後 ブログっぽいシステムを自作し

毎日投稿を続けてきて

2005年からライブドアブログを使い

約10年間使っていました

その頃も

東京へ行っても

あ~あの中沢さんですか!

那須のホームページ屋さんね!

こんな感じで

初対面でも爆発的に話が進みました

 

古い投稿を見てOOOしてくれた

その頃からですね

何年も前に書いた記事を見て

仕事の依頼をいただいたり

自分でも書いたことを忘れそうな記事から

「あれ 今もできますか?」なんて

問合せをいただいたりします

 

ブログがログだということは間違いない

ホームページは

ほぼ固定化された情報

SNSは瞬間的な情報

ちょうど その中間を

広くカバーできるのがブログ

 

そしてそれが ログとして

蓄積されていくことが重要

先ほどの例のように

古い記事もしっかりと

検索されて 問い合わせが来る

 

SEO対策にも効果があるブログ

古い記事もしっかり検索される

ということは

どんなに古い記事でも

検索の対象になっているということ

つまり

SEO的に悪い書き方をしていなければ

今まで書いた記事が全て

SEO的財産であるということ

 

瞬間的にではなく長く読み続けてもらえる記事

だから ブログは

facebookやツイッターのように

今!読んで楽しい

リアルタイムな投稿だけではなく

5年たっても

10年たっても

変わらない

普遍で不変な記事も

しっかりと投稿しておいた方が良い

 

面白い情報は20年たっても変わらない

20年以上の投稿経験を経て

結局変わらないモノなのだなと

感じることは

当時 閲覧数が多かった記事は

年月が経っても

やっぱり見られているということ

 

SNS的な最大瞬間風速的な投稿は

やっぱり

最大であっても 瞬間で

仕事をしている立場としては

そこからの問い合わせや成約は少ない

 

SNSにブログとホームページを組み合わせると最強

最近多い SNSオンリーの皆さん

是非 ブログとホームページを組み合わせると良いです

 

まあ 本当は

ホームページにブログを組み合わせて

ブログをSNSに組み合わせるのですが

それとは真逆で

SNSに投稿した記事のうち

お気に入りの記事を

ブログに蓄積しても良いと思います

更には

ブログのお気に入りを

ホームページにまとめる

それでも 形的には同じような

自分メディアが出来上がる!

 

SNSの最大瞬間風速を効果的に使えるのは?

でも でもね

SNSで最大瞬間風速を出した後に

ブログに投稿しても

ブログの閲覧数は

あまり増えないですよね

 

だから 効果的なのは

ブログに投稿して

SNSの最大瞬間風速を使う

こっちの方が

かなり効果が高いです

 

まあ お好きな方法で!