「販促はじめの一歩(同文舘出版)」の内容をぎゅっとまとめた栃木屋酒店のストーリーは、コミック版もあります。

販促はじめの一歩 日本のどこにでもある家族経営の小さなお店・・・ 不景気なんだから売れるわけないよな 午後になると母に店番を頼み灯油の配達に出かける なんかちょっと嬉しいかも 今、このお酒のPOPを書くところなんだ ここに書いてあるたべ方より母さんの説明している食べ方の方が美味しそうだ じゃあそれ!いつものように包んでくれる 何もミオンの真似をする必要はないんだよな うちの店に来る理由を考える 店にも自分にも自信が持てるようになった 地域の客さんと一緒に楽しく自分の役目を果たしているのだから不景気なんて関係ないんだ line